試練の軌跡

プログラミングで出くわした知識やツール、日常生活、働き方その他色々なことをメモしていくブログ

UTMパラメーターの値をGoogle Tag Manager(GTM)の変数で取得する

最近、Treasure Dataのタグ(td-js-sdk)をGoogle Tag Manager(以下、GTM)経由で配信することをやっていることがきっかけとなり、GTMの知識が身に着いてきたのでまとめておく。
改めて感じましたがGTM便利ですね。 github.com 今回はhtttps://hoge.com&utm_sns=facebookというURLのutm_snsの値であるfacebookという文字列を取得する方法を例に対象のサービスのURLに付与されているUTMパラメータの値を取得する方法をメモ。

やり方

タグのカスタムHTMLにJavaScriptを書くやり方もあるが、GTM側で変数という機能があるのでそれを使う 要素タイプはクエリを選択。あとは、右上にある保存を押すと簡単にUTMパラメータの中身を取得できる

f:id:bake0937:20181029085823p:plain

※ #(フラグメント)のUTMパラメータを選択したい場合(例としてはhtttps://hoge.com#utm_sns=facebookという場合)は要素タイプをフラグメントに設定するようだ。しかしこちらの記事にあるとおり、一部の広告プラットフォームではサポートされていない等のデメリットがあるようなので今回はUTMパラメータはクエリを想定して設定する
www.idimension.com

これだけで簡単にUTMパラメーターの値が取得できて便利ですね。
これでTreasure DataへUTMパラメーターの値を送信する準備ができました。
今度はさらなるGTMの機能についてやtd-js-sdkについての記事を書こうと思います。

その他の参考記事: https://qiita.com/aqril_1132/items/3e9061d349dc580e4ad7